大病院勤務薬剤師の転職談

今は患者に寄り添うような仕事で充実している

介護保険制度の利用者が毎年のように多くなり、在宅での服薬管理の指導やチェック及びケアマネジャーと主治医との連携を図るといった、従来の薬剤師の仕事よりもより広範な仕事をやるように見受けられたものです。
それは結果的に間違いではなく、在宅での生活を送っている人への対応をしっかりと行うことで、患者さん1人ずつの対応を細かに出来るようになったメリットも大きいです。
かつての大病院のように、薬を処方して渡しアレルギーを聞いて、薬を間違いなく渡せば終わりといったことではなく、患者に寄り添うような仕事で自分にはこちらの方が合っているように感じたものです。
今後、この地域の少子化と高齢化もどんどん進行するようですが、それでも患者1人ずつに適切に対応が出来るように努めていけたらよいと考えています。
主治医とケアマネジャーとの連携、コミュニケーションを図りながら、在宅での療養をしっかりとしてもらえるように尽力して行けたらよいと思っています。
色々な経験を若いときに積んでおけば、高齢になってもまだ働けるチャンスは多いと思っていて、毎日を充実した日々が送れていると感じているところです。

大病院に薬剤師として勤務していたがステップアップしたい働きながら情報収集をしてドラッグストアへ転職今は患者に寄り添うような仕事で充実している

薬剤師 転職なら : 薬剤師の転職・求人